双極性障害と生きる

とりあえず今日生きてみる。できたら明日も生きてみる。

障害基礎年金2級の受給が決まりました

障害年金の書類提出から約2ヶ月。


日本年金機構からの封書が届いていました。
ついに結果が来たか…しかし薄い封筒。


もしかして不認可か…??


と、(大げさではなく)若干震える手で封筒を切って中を見たら、

国民年金・厚生年金保険年金証書」の文字がありました。

さらに下を見ると、
「支給開始年月日 平成23年2月
※平成25年5月以前の年金は、時効消滅によりお支払いはありません」
とありました。

つまり、遡及申請も通ったということでした。
2年分の年金は時効で手に入りませんが、制度自体知らなかったし、いま知ることができ、最終的に認められたのでそこは後悔してません。


本当に何度も何度も書類のやり取りをして、すごく苦労したので、ただただ安心しました。


障害を認めることを「よかった」と表現するのが適切なのかわかりませんが、会社員で採用されても思うように働くことができず退職し、家での生活もほとんど主人に助けられて、養ってもらってなんとか生きていたので、お金が入って来るのは救われる気持ちです。


これからまだまだ大変なこと辛いこともたくさんあると思いますが、まだ生きていける。


今日は、そんな希望の見えた日でした。

夫が機嫌悪い

シルバーウィークの繁忙期でカリカリしている夫。
すぐ突っかかってくるんだよね。13歳も年上のくせに。

私は謝るしかない。

それでもまあまあ仲は悪くないし、上手くやってるとは思う。

でもたまにムカつくからここで吐き出させてください。

む・か・つ・く!!!

鬱転躁転ってところかなあ

昨晩からちょっとグズグズした感じがあって、今朝はどんより。

夫からは「体調悪いのは仕方ないけど、調子がいいのか悪いのか、何ができて何ができないのか、はっきり、きちんと伝えてもらわないと困る。状況的には俺のが今大変なんだから、合わせてもらわないと困る」的な苦言を頂きました。

 

いやあ、たしかに私、グズグズしたところがあってそれがフラストレーションになるのは申し訳ないんだけど、出来ないから鬱なんだよ。

好きで鬱なわけじゃないし。

頑張ろうとは思ってるんだよ。

 

文句言いたい文句言いたい文句言いたい言えないけど。

 

...と、スロースターターだったものの、午後、夜になったら元気になってきた。

 

そしてツイートし過ぎ。

いろいろ雑。

はた、と気づく。

こりゃ軽躁かしら、という現在^^;

 

 

やっぱり夜に向けてはパソコンいじるとかじゃなくて本読むとか、光をあまり浴びないことに時間を使うべきだな。

 

ねれないーねれないよー

らんらんしてるよ。おやすみなさい。

可もなく不可もない毎日と言う名の成功体験を積み重ねる

変わらない毎日を、さして気分悪くなく過ごすことはできるようになってきたと実感する。
以前のように憂鬱感で締め出されたり、焦燥感でいてもたってもいられなくなったり…という経験は減っている。最近はほとんどない。

ただし、「変わらない毎日」の場合、という条件は着きそう。



ちょっと前に長崎・天草旅行をしたんだけど、道中不安定になって友達との約束をドタキャンしかけたりした。ギリギリ踏みとどまってよかったけど、まあ確率的に次も成功するとは限らない、という感じに思えた。


淡々とした生活を心がけて、
そういう「成功体験」を積み重ねて、
ちょっとしたイベントや頑張りどころを乗り越えられるだけのパワーを蓄える。

しばらくはそんな生活がいいんじゃないかなって思った。

元気になった。明らかに。

タイトルの通り。

 

おかげで楽しい旅行中です。

うそ、移動はとてもしんどかったです。

でも、一般的な「辛い」であって、鬱のそれではありませんでした。

 

到着してからも、歩き回って元気は十分。

 

明日明後日と歩き倒すぞーー!!

ってな感じです。

180822通院後

前回の通院でアリピプラゾール(エビリファイ)を完全に抜いて、代わりにクエチアピンを増やす、という薬の調整をしたところ、夜中にソワソワして暴れ回る現象がなくなった。

 

単に最近調子が良くてソワソワしてないのか、アリピプラゾールの薬の副作用が無くなったからソワソワしてないのか、まだ測り兼ねるところではありますが、でも、嬉しいことだよね。

 

やっぱりテンションは高めです。

でも迷惑はそんなにかけてないと思う。