双極性障害と生きる

とりあえず今日生きてみる。できたら明日も生きてみる。

走れなくなった話

今日はそんなには体調悪くないと感じていたので、気持ちを固めて走ろうかなと思いました。

決意して、着替えて、日焼け止めを塗って外に出て、時計を合わせて、GO。

 

 

 

 

3分で終了。

 

 

 

足を進めようとしても重くて、気持ちが落ち込んで、落ち込んで…

 

我慢して30分でも走れればよかったのですが、体が言うことを聞きませんでした。

 

こういう事態は今までに数えるほどしかなかったと思います。

よっぽど体調悪いときです。

今はそんなに悪いとも思わない。

筋力の低下、忍耐力の低下もあるかもしれない。

 

これからこんなふうなのがずぅっと続いて、全く走れなくなったらどうしよう。

中学生のときから、走ることが私を私らしく居させる方法だったのに、ここ数年、どんどんそれが崩れ落ちていく感じがある。

 

筋トレ伝道師Testosteroneさんとかがよく、「筋トレは鬱に効く」みたいなこと言ってるけど、筋トレにしろ、走ることにしろ、鬱はそのスタートラインに立つことすら阻んでくる。

身体を動かすことに対する、負のイメージがつきまとうし、そもそも身体に力が入らない。

 

どうすればいーのさ!