双極性障害と生きる

とりあえず今日生きてみる。できたら明日も生きてみる。

パッションを具現化できる方法を身につけたい

フェイスブックで以下の投稿をしました。
〜〜

最近の私は………
暴露します。何もしてません。

家事炊事全て主人にやってもらって、ひたすら寝てます。ごめんね旦那さん、いつもありがとう。


社会と繋がらず、何にもしてないと、生きてる意味あるのかなって、そういう考えが、チラチラ浮かんできちゃうんだけど主人は言いました。
「俺を通じて社会と繋がればそれで良くない?」


ありがたい言葉だけど、そうかな?
そんなものなのかな?


やってみたいこと、本当は色々あって、
でも準備も進まなければ、実行、継続する体力がありません。(これが一番問題)

あー、なんかさみしい20代終盤。
苦しい20代終盤。
耐える、20代終盤。


いつか、この時期の自分が今に自分の糧になってます。って言える日が来るといいんだけどな。

おやすみなさい。

〜〜


それに対して、大学の後輩の女の子がこんな投稿をしてくれました。


〜〜
躁鬱さんの投稿は私にはいつも興味深いので、社会につながってるかわかりませんが、私にはつながってます。笑。
〜〜


素直に嬉しい、ありがとう。


そんな彼女はパッションの塊。
ぐおおおおって溢れ出るエネルギーをダンスや表現に変え続けるパフォーマー

かつて私にもそういうパッションがあって、でも彼女との究極の違いは、私にはそのパッションを具現化するだけの才能や力がないってこと。

昔から何を通じてパッションすればいいのか分からず今に至って、
今は今でパッションもしぼんで寝てるばかりだなあ〜。


でも私も燃えて生きたいって彼女の励ましの投稿を見て思いました。
20代の最後までに、自分のパッションの具現場所を見つけて、思う存分暴れられるように準備したいです。

ごごごごご。