双極性障害と生きる

とりあえず今日生きてみる。できたら明日も生きてみる。

ギブアップ

今日は週に一度の体操教室。

休みました。2週連続。

 

伝えました。

もう辞めたい。

 

4月にスタートして、短かった。

瞬殺。

 

私の価値ってなんだろう。

 

夫に言われました。

「なんで体操教室やりたいの?」

「はっきり言うけどね、君の仕事そのものが迷惑。仕事が出来ないこと自体は君のせいじゃないけど、できない仕事をやろうとしてグズグズして俺に負担をかけてるのは君の問題。フォローするの俺だからな。俺がフォローしなきゃいけない理由がない。物理的に俺の仕事に差しつかえるし」

 

主人は自営業なので、仕事が進まないと営業そのものが成り立たなくなって、生きていくことが出来なくなります。

 

その大変さは、(主人にとっては分かってないですが)私にも多少はわかるつもりです。

 

でも私の方も何とか足掻いて週に一度ですが体操教室のバイトをして、その分野のスキルアップとか、多少の報酬とか、目指してました。

 

ぐしゃって潰れました。

 

私のそんな、よく言えば奮闘、を暖かく見守り続ける、そんな余裕が彼に無いのは当然と言えば当然。彼だって自営業でギリギリの世界で仕事してるし生きている訳ですから。

 

いつか働ける日が来るのか。

すごく遠ざかった気がしました。