双極性障害と生きる

とりあえず今日生きてみる。できたら明日も生きてみる。

考え方をちょっとシフトする

Facebookでたまに出てくる「過去の思い出を振り返ってみましょう」通知は意外と悪くないシステムだと思う。
過去の自分が何考えてたのかどういう状況にあったのかが断片的にわかったりする。



今日その通知が来ていたので開いてみたら、過去何年にも渡り、7月は調子がかなり不安定だったことが伺えた。
自殺をほのめかすような投稿をしていたり、
自暴自棄になってひどく過食していたり。

未だ「友達まで公開」設定になっていて、「オイオイオイオイ…汗汗汗」って自分にしか見れないように設定変えてみた…今更遅いけど^^;



学生時代から社会人の数年にわたって一人暮らしで、助けを求められるような友人家族がおらず調子が不安定だったので「ダレカタスケテ」って意味合いもあってFacebookなんかに投稿しちゃってたんだろうな。
でもそれって「わー、こいつメンヘラ」ってレッテル貼りにしかならなかっただろう、恥ずかしい。
いつだったか、そのFacebookで友達になっている年配の方が「ここで不特定多数に向けて投稿するのではなくて、誰か身近な人に相談してみては?」なんて真っ当なコメントを下さって、

ちょっと傷ついたりしました。笑


だって相談できて理解してもらえる人なんてそうそう居ないよ。
だから最近はTwitterとかが居心地良かったりする。

まあもちろんリアルではケンカも多いけど、やっぱり主人がいちばんの理解者かと思います。
理解してもらえない点もいろいろあるけどね。

それでもリアルに味方になってくれる人がいるんだと思うとちょっと安心して安定します。
でもケンカとかしちゃうと途端にグラグラしちゃう。
環境って大事だなあと思います。



過去、調子の悪かった7月ですが、今日とかはすごく落ち着いてます。

6月で仕事も(あっという間に)辞めて、
先週不調でドタキャンしてしまったアルバイトもごめんなさいって謝ってもう辞めて、
今週からは完全ニートです。
そしたら少し落ち着いた。

認めたくなかったけどそれらがストレスだったんだね、
側から見たら一目瞭然だったろうけど。


この程度のことがストレスじゃ、サービス業とか雇われるとか何もできないじゃん…
って暗い気持ちになりそうになるけど、
今は考え方をちょっとシフトしています。



できないことはやらないで、できることをやれば良い


って至ってシンプルな話だけど、
例えば「在宅で働ける方法を見つけたら良い」とか、
「そんな甘くねえよ!」って言われそうだけど、
できるんじゃないかな?って今は思ってます。

恥ずかしいのでここではその中身の話はしませんが。


例えば昨日は夜眠れなくなっちゃって夜明け5時まで起きてたんですが、
「それって今から飛行機でヨーロッパ行ったらちょうど良い就寝時間じゃん!」とか。

いや、実際にはそんなことできないかもしれないけど、考え方だけでも楽な方、楽な方にシフトしていけたら、「ポンっ」って新しいアイデアが生まれたり、行き詰まりから抜け出せたりしそうな予感。

もしかしたら今「躁」なのかもしれないけど、
そういう「うまくいきそうな感覚」を忘れないでいたいなと思います。