双極性障害と生きる

とりあえず今日生きてみる。できたら明日も生きてみる。

【読書】消された信仰 「最後のかくれキリシタン」-長崎・生月島の人々 (広野真嗣、小学館)

 
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、世界遺産に登録されることが決定したニュースは記憶に新しいと思います。
そんな中、「世界遺産から漏れた」のが、平戸のすぐ北西にある生月島(いきつきしま)です。
  
生月島には江戸時代の潜伏期から続いている「かくれキリシタン信仰」が今なお息づく【最後のエリア】です。
教会などの「不動産」が残っておらず、「信仰そのもの」だけが残っているため、世界遺産登録がされませんでした。
 
が、この地域が面白い。
 
江戸時代、幕府の禁教政策により、自らがキリスト教徒であることを隠して密かに信仰を続けていた人々のことを「潜伏キリシタン」と呼びます。
 
キリスト教禁教期、宣教師不在であった日本では、一般的にイメージされる「教会に行って聖歌や賛美歌を歌い、神父や牧師の言葉に耳を傾ける」ことができなかったため、違うやり方でキリスト教信仰を継続していくわけですが、明治時代になると、禁教政策が解け、また新たに宣教師たちがやってきます。
そこで改めて「正当な」カトリック布教が行われ、その際に多くの地がカトリックに「復活」しました。
このとき、「復活の道を選ばなかった」のが生月島の人々なのです。
 
 
なぜ復活を選ばなかったのか。
宗教とは人とどう関わり合うものなのか。
 
 
考えさせられる良書です。